ぎっくり背中とは、何の前触れもなく突然に背中に痛みが走るものを総称して言います。
いきなり背中が激痛に襲われてすぐには動けなくなるほどのものから、最初は違和感程度に軽くピリピリっと感じるくらいの違和感から徐々に時間の経過とともに強い痛みに変わっていくものもり様々なケースがあります。
痛む場所は、腰の反りの上部から肩甲骨の間辺りまでと広い範囲に起きやすいです。

痛みの原因は次のことがあげられます。

125432

  1. 姿勢維持に使われる筋肉の過度の緊張や、筋肉を構成している筋繊維、筋膜の損傷。
  2. 首から腰の下部まで縦に長くはしる最長筋などの起立筋群や脊柱から肩甲骨内側についている菱形筋などの筋肉が損傷。
  3. 加齢や運動不足による筋肉の筋力及び柔軟性の低下。
    このように、ぎっくり背中の原因は主に筋肉の損傷、過緊張、筋力低下によるものがあります。

平日夜遅くまでデスクワークを長時間してしまう方や立ち仕事で一日中立っている方など長時間同じ姿勢維持を保っていると、背中の筋肉は過度に張ってしまい血行が悪く疲労が蓄積してしまいます。
なので、1時間に一回は座席から離れて歩いたり、背伸びをしたり、屈伸運動などを行って血行を少しでも亢進し、血流と共に疲労物質をよく流してあげることが大切です。
また水分補給も忘れずに!

もし、急にぎっくり背中になってしまったら先ずは患部を冷やすこと!
自宅でしたら早急に保冷剤や氷枕を床やベッドに置いて、その上に仰向けで寝て約10分間は痛みの患部を冷やしましょう。その後、冷湿布を貼ってケアしてあげると良いです。

当院では、患部のケアはもちろんのこと、どの筋肉が傷んでしまったのか各種検査を行い適切な処置をして早期の回復をはかっていきます!
また、日常において筋肉を良好な状態で維持できるよう簡単なストレッチをアドバイスしています。

疲れが溜まっていると感じる方や猫背が気になる方は早めに受診して痛みとなる前にケアをして毎日を快適に過ごせるようにしていきましょう!

当院は平日夜9時まで受付しておりますので、お仕事帰りにもご利用しやすくなっておりますので、お気軽にお越しください。