開張足という言葉を聞いたことはありますでしょうか?
外反母趾や浮き趾にもつながる偏平足のようなもので、親趾の付け根から小趾(あしの小指)の付け根の間にある足の横アーチが平たくなってしまった状態をいいます。
 人の足裏には、この横アーチ間にゆるい山なりの空間がありますが、開張足だと横アーチがないため、本来ならあるはずのクッション性が無く足の趾の付け根に体重がかかり、魚の目や〝たこ〟ができやすくなります。
 横アーチを良い状態に保つためにはアーチ型の盛り上がりが必要です。しかし、ハイヒールのような踵部分が高く傾斜がある靴を履くと、重心がつま先の方へ移動し、横アーチに無理な負担がかかりアーチが下垂して崩れてしまいます。
 では、「横アーチ」の盛り上がりが無くなると、靴の中はどうなるのでしょうか?
まず、足裏の第3と4趾の付け根あたりに大きな負荷がかかり、歩くたびに摩擦や刺激が繰り返しかかる状態となり、角質が肥厚してしだいにタコになります!
 当院では、骨盤矯正と併せて足裏の状態も把握し足の横アーチ調整をして、足裏から腰そして頭まできれいな姿勢が自然と保てるように施術いたします。
 足裏の横アーチが原因の猫背の場合、踵重心で体が後ろへ倒れないように敢えて人間の身体は猫背を作り出し上体のバランスを保っている場合があります。そのケースの猫背でしたら、一回の施術で効果がはっきりと表れます。
 また、崩れてしまった足の横アーチのつけ方のエクササイズを患者様へお伝えして、ご自宅で毎日ケアできるようアドバイスしています。
 毎日ハイヒールを履かれる方、足裏からバランスを整えたい方など、ぜひ当院の施術を受けてみてください。
「ヒール 外反母趾 イラスト」の画像検索結果