熱帯夜が続き、良質な睡眠が取れないと、疲労が溜まり夏バテの原因となって
しまいます。
熱帯夜とは夜間の最低気温が25℃以上になることを言います。
暑いと寝苦しくなる理由は、気温だけでなく、深部体温(直腸内の温度)の関係
もあるのです。通常、深部体温は目覚める少し前から高くなり始め、活動して
いる日中に最も高くなり、
就寝時間が近づくにつれて徐々に低くなっていきます。
その為、深部体温が下がらないとなかなか眠りにつけないのですが、
気温と湿度が高い状態が続くと深部体温が低下しにくくなり、寝つきが悪くなるのです。

深部体温が上昇すると、下げようとする体内の働きがあるため、
深部体温を下げるには、一度深部体温を上昇させます。
ぬるめのお風呂に浸かったり、温かい飲み物を飲んだりしましょう
寝る直前だと深部体温が下がるまでに時間がかかるので、
1時間以上前に行うとよいでしょう。
眠りにつく最初の1時間程度、氷枕などで頭や首の後ろを冷やすのも効果的です。
心臓から脳へと向かう太い血管がある首を冷やすと、
脳が深部体温が下がっていると認識して、眠りに誘われるためです。
身体本来のリズムでは、深部体温は午後10時頃から下がり始めるので、
夜更かしなどで生活リズムを崩さないようにすることも大切です。

「エアコンは体身体に悪い」と思われている方もいますが、
眠れないほどの暑さをエアコンなしで我慢するのはかえって身体に悪影響を
及ぼします。
室温を26~28℃に設定し、直接風が当たらないように風向きを調整し、
深い眠りに入るまでの3時間程度を目安に、タイマーを設定するとよいでしょう!

negurusii