今日は夏によく起こる、足がつる症状についてお話します♪
人間は筋肉を収縮、弛緩の繰り返しによって身体を動かしているのですが、
筋肉を正常に働かせるためにはマグネシウムやカルシウム、カリウムなどのミネラルや電解質が欠かせません。
夏は、発汗によって体内のミネラルや水分が失われやすくなります。
また冷たいものの取り過ぎや冷房の影響で身体が冷え、血行も悪くなりやすいです。その為、夏は足がつりやすくなるのです。
本日の患者さんで、起床時ににふくらはぎがつったという方がいました。
寝ている間は寝返りをうったりすることでわずかに筋肉が収縮していますが、運動量が多いわけではないので血行が悪くなります。
その状態で朝、いきなり筋肉を動かそうとすると筋肉がうまく働かずつりやすくなります。
予防策としては、
・ミネラル分を含む水やスポーツドリンク水分補給を飲む。
・冷房機器で身体を冷やさない。
・ストレッチをして筋肉の柔軟性を高める。
起床時にふくらはぎがつったら、慌てずにつま先を持って自分の方に向かって引っ張り、ふくらはぎの筋肉を伸ばしましょう。
足を温めるのも効果的です(^^♪
fukurahagi