一般的に上肢を外転拳上(腕を耳に付ける動き)する際は、上腕骨と肩甲骨がリズムよく動きます。

この動きは、肩甲骨と上腕骨が作る肩甲上腕関節と、肩甲骨と胸郭が作る肩甲胸郭関節
によって起こるもので、この2つの関節が腕を挙げる際に、動く比率を表したものが肩
甲上腕リズムというものです。

気をつけの姿勢から上腕を外側に弧を描くように耳につくまで上げる動きをすると、腕
が180度動くことになりますが、腕が上がる内の60度が肩甲骨の動きである肩甲胸郭関
節で、120度が腕の付け根の関節である肩甲上腕関節となります。2:1の割合のリズム
で動きます。

常に2:1の割合で動いていくわけではなくて、上腕骨が0~30度までは肩甲骨の動きは
なく上腕骨が肩甲骨の関節窩という凹みを転がり動き、上腕骨が30度まで上がるとそこ
からは上腕骨と肩甲骨が2:1の割合で動くと言われています。

その為、肩甲骨周りの筋肉の緊張が強く動きが悪い方は、肩を上げた時に痛みが生じる
可能性が高いのです。

デスクワークで同じ姿勢が続いて、あまり肩を動かさない方は注意したほうがいいかも
しれません。

「肩の痛みイラスト フリー」の画像検索結果