一昔前までは肩こりや、頭痛の原因として長時間のパソコンの使用によるものが原因の上位にあげられていましたが、昨今はパソコンの長時間の使用というよりもスマートフォンの長時間の使用によりものが原因の上位にあげられています。
スマートフォンを使うと無意識のうちに目線が下がり、肩も内側に巻くようになってきます。
これが俗にいう、スマホ首、スマホ巻き肩と呼ばれる状態です。
これらの状態になると本来、横からみたときに緩やかなカーブを描いていなければならない首の骨が徐々に真っすぐになってきてやがてストレートネックと呼ばれるカーブが失われた首が形成されてしまいます。
ストレートネックになることで辛い肩こりや頭痛を引き起こす原因になってしまい、ときに手に痺れなどを誘発してしまう可能性もあります。
このようなことにならないためにも普段からスマートフォンを使用するときの姿勢に出来るだけ気をつけなければなりません。
スマートフォンを使用するときはできるだけ背筋を伸ばしスマートフォンは自分の目線まで上げて使用するように心掛けましょう。
そうするだけでストホ首やスマホ巻き肩をある程度防ぐことが出来きます。
症状が酷い場合は整骨院や整体院などで治療を受けることもとても有効です。
当院ではスマートフォンの過使用により生じた肩こりや、それに伴う諸症状の緩和・改善する施術を行っております。
ぜひご利用ください。